通所リハビリテーション らぴす

脳神経外科専門医が運営する通所リハビリ施設です

通所リハビリテーションらぴすは、大規模な施設とは違い、医師との距離が近いのが特徴です。
脳神経外科専門医が、利用者さんと密にコミュニケーションをとり、細かな変化を察知することで未病の助けとなるよう注意を払っています。
認知症予防や機能回復、リハビリ加療に力を入れた通所リハビリテーションサービスを提供しています。

要介護の改善を目指したリハビリテーションを提供します

岡田脳神経外科医院は、脳梗塞や脳出血などの脳卒中疾患、頭部外傷や認知症などの頭部疾患だけでなく、腰痛症などの整形疾患の治療も長年おこなってきました。
そのノウハウと経験を生かしたリハビリテーションを提供することで、転倒骨折の予防、身体機能の向上を目指します。
専門の医師・リハビリスタッフが個々に合わせたオーダーメイドのリハビリテーションメニューをご提案し、利用者さんが日常生活を生き生きと豊かなものにできるようお力添えをしていきます。

ご家族の介護負担軽減や認知症の管理・予防に力を入れています

ご家族の負担を軽減することも介護の重要な役割の一つです。また認知症に付随して起こる暴言や興奮、昼夜逆転などの周辺症状も家族の介護負担を深刻にします。
そこで通所リハビリテーションらぴすでは、認知症と周辺症状を悪化させないことに力を入れ、利用者さんとご家族が穏やかに在宅生活を送れるようサポートしていきます。
まだ認知症でない方に対しても、今後の発症の予防につながるコグニサイズなどの認知症予防プログラムを実施していきます。

施設長ご挨拶

通所リハビリテーションらぴすの目的は、介護が必要になった方たちが、住み慣れた場所にある我が家で、不安なく生活を送れるように健康面でのサポートをすることです。
介護施設の役割は病気の管理だけでなく、家屋調査やご家族へのサポートを市の介護課やケアマネージャーなど様々な人たちと連携することにより、皆様の【暮らし】を守ることだと考えています。
転ばない身体作り、認知症の予防、ご家族様の介護負担の軽減を提供し、利用者さんだけでなく、ご家族の暮らしの主治医としてサポートしていきたいと考えています。
通所リハビリテーションらぴす 施設長 岡田洋介

通所リハビリテーション概要

  医療法人オーエヌシー岡田脳神経外科通所リハビリテーションらぴす
住所 〒839-0821 福岡県久留米市太郎原町1515-1
事業所番号 4071600698
利用時間 平日・土曜日:8時30分~17時00分
※日祭日,年末年始はお休みです。
利用定員 20名